2008年04月21日

大麻

お祓いで振る木の棒を大麻(おおぬさ)と言います。木の棒に紙垂(しで)をつけ、麻の緒を結んでいます。榊の枝に紙垂、麻緒のものも有ります。これを左右左と振ることで、穢れや罪を吸い取るのでと考えられています。
posted by 熊野神社 at 23:16| 神社について