2010年02月18日

神社Q&A

神社Q&A ← クリックして下さい。
posted by 熊野神社 at 19:11| 神社について

2009年11月20日

お神札・お守り

お神札・お守りは神様のお力である御神威を頂くものであり。お神札は自分の家に御祀りして、お守りは身につけておくものです。
posted by 熊野神社 at 00:05| 神社について

2009年11月07日

玉串(たまぐし)

玉串は神前に捧げるものです。タマは「霊」または「魂」の意味で、クシは「細長い棒」をあらわします。玉串は神霊を迎える依代(よりしろ)でもあり、祀られる神様と祀る人を合わせる仲立ちの役割を果たすものであります。
posted by 熊野神社 at 18:31| 神社について

2009年11月05日

神饌(しんせん)

神様にお供えする食物、飲み物の事です。お米、お酒など海の幸、山の幸などで、神様にお供えして、食物を与えてくれた感謝の気持ちを表すとともに、神様をおもてなしするものです。
posted by 熊野神社 at 22:38| 神社について

2009年11月04日

狛犬

神社の参道の両脇に置かれている獅子型の像が狛犬と言います。石製が一般的ですが、鉄、木、陶の物もあります。片方が口をあけ、他方が口を閉じた「阿吽(あうん)」の形をしています。神社によっては猿、狐の場合があります。邪気を払い神前を守っています。
posted by 熊野神社 at 23:13| 神社について

2008年07月02日

二十年に一度行われる伊勢神宮の式年遷宮

様々な技術を次世代に伝承していくには、二十年が限界なのだと言います。
神様をお祀する形はいろいろあります。
古くは神々の世界からお出ましになった神様を臨時の施設を設けて丁重におもてのしするのが本来の考え方です。二十年周期は臨時に社を立てた時代と常設になった時代の中間に当たる考えです。
posted by 熊野神社 at 22:35| 神社について

2008年06月30日

たくさんの神社があって、神様同士もめることがないのですか

ないです。古典の祝詞には、「神議(かむはか)りに議(はか)り」とあります。「神々が協議をなさった」と言うことです。神様は互いに協議するのが、昔からの日本的な考え方です。
posted by 熊野神社 at 20:10| 神社について

2008年05月24日

鳥居の種類

明神系と神明系の二種類に大きく分けられます。又、神社の種類によって、特徴ある鳥居があります。
posted by 熊野神社 at 20:55| 神社について

2008年05月15日

祝詞

祝詞は神様に「感謝・報告」と「願いごと」の二つから成立しており、大和言葉を用います。言霊(ことだま)と言って言葉の力によるお祓いや、長寿をことほぐお祓いもあります。
posted by 熊野神社 at 22:44| 神社について

2008年05月12日

子供の百日祝(お食い初め)

生後百日で行います。地域によっては生後百日と百二十日とする場合があります。お食初(おくいぞめ)、箸立(はしたて)、箸揃(はしぞろえ)、百日(ももか)とも言います。
posted by 熊野神社 at 21:58| 神社について